星まつりデジタルサイネージ広告

 

「阿含の星まつり」の告知広告が下記のターミナル駅を中心に展開されております。
梅田駅やなんば駅では、高画質映像に対応した動画広告デジタルサイネージとして、
星まつりの迫力ある映像と賑やかな祭典の模様をPRしております。
お近くの方はぜひご覧ください。

■駅アドコラム(円柱広告)
京都 1月22日~2月11日
大阪 1月22日~2月11日

■駅サイネージ
梅田ホームビジョン(御堂筋線梅田駅上りホーム)
   2月5日~2月11日
なんばコンコースビジョン(御堂筋線なんば駅南改札外)   
   2月5日~2月11日

この広告の動画は下記リンクからご覧いただくことができます。

「阿含の星まつり」ライブ配信のお知らせ

 

星まつり当日の13時から14時までの1時間、阿含の星まつりで初のライブ配信が行われます。
当日は下記サイトより、中継をご覧いただけます。

当日の夜、20時から24時までの間再放送も行われ、この再放送はどの時間に視聴を開始しても13時の時点からの再生スタートとなります。
生放送を見られなかった場合やもう一度見たい場合など、ぜひ再放送を御覧ください。

http://web-cache.stream.ne.jp/web/live/agonshu/hoshimatsuri/index.html

大晦日、除夜の鐘LIVE配信!

  除夜の鐘

平成29年12月31日22時00分から平成30年1月1日0時20分ごろにかけて、阿含宗総本殿で除夜の鐘と同時に新春勤行が執り行われ、その模様はインターネットで中継で全国のご家庭のパソコン・スマートフォンでなどに同時配信されました。

新聞各紙「阿含の星まつり」広告掲載のお知らせ

 

第45回阿含の星まつりの広告が、以下のとおり掲載されることになりました。

《全国紙》
毎日新聞    1月15日(月)    全国版朝刊 カラー全5段
読売新聞    1月16日(火)    全国版朝刊 カラー全5段
産経新聞    1月17日(水)    全国版朝刊 モノクロ5段

《地方紙》
十勝毎日新聞  1月9日(火)     モノクロ半5段
中日新聞    1月8日(月・祝)   朝刊モノクロ全5段
神戸新聞    1月10日(水)    朝刊 モノクロ半5段
河北新報    1月11日(木)    朝刊 モノクロ半5段
福島民報    1月11日(水)    朝刊 モノクロ半5段
中国新聞    1月12日(金)    朝刊 モノクロ半5段
四国新聞    1月12日(金)    朝刊 モノクロ半5段
愛媛新聞    1月12日(金)    朝刊 モノクロ半5段
高知新聞    1月12日(金)    朝刊 モノクロ半5段
徳島新聞    1月12日(金)    朝刊 モノクロ半5段
西日本新聞   1月12日(金)    朝刊 モノクロ半5段
琉球新報    1月12日(金)    朝刊 モノクロ半5段
京都新聞    1月12日(金)    朝刊 モノクロ半5段
北海道新聞   1月12日(金)    朝刊 モノクロ半5段

※紙面編成のため、急遽変更がある場合がございますが、ご了承ください。

大晦日除夜の鐘、インターネットで生中継!

 

■ 大晦日の夜、「凖胝観世音菩薩」の除夜の鐘、総本殿で行われる新春勤行を全国に配信します。
■ お手持ちの携帯電話(スマホ)やタブレットを使って、無料でご覧いただけます。
■ ライブ配信の時間は、撞き始めの12月31日午後10時30分から撞き終いの翌午前0時20分頃までの予定です。
■ ご都合の良い時間に、お好きな場所で御覧ください。
■ 下記のURLにアクセスしていただくか、QRコードをご利用ください。

専用URL https://goo.gl/3WaqG2
除夜の鐘 鐘撞き、新春勤行のスケジュール
鐘撞き:平成29年12月31日 午後10時30分から平成30年1月1日午前0時30分まで(予定)
阿含宗総本殿境内 鐘楼堂にて

新春勤行:平成29年12月31日 午後11時50分から平成30年0時30分まで(予定)
阿含宗総本殿内陣にて

家族で居間のテレビに映して拝聴します!

私は大晦日に帰省しますので、実家の両親とこのライブ中継を拝聴する予定です。居間に大画面のテレビがありますので、パソコンの画面の出力をテレビにつなげて、家族みんなで除夜の鐘が見られるようにしたいと思います。楽しみにしております。合掌

海外にいる友人にサイトを紹介

私はアメリカ在住の法友にその都度、日本の阿含宗の状況をお送りしておりましたが、今回はメールで大晦日ライブ中継をお伝えしました。現地では、家族や友人とカウントダウンで盛り上がるのが通例のようですが、総本殿の大晦日の情景は日本の年越しの行事としても興味をもって見ていただけるものと思います。凖胝尊のお力が鐘楼堂の除夜の鐘とともに、インターネットを通じて海外に伝わるのは素晴らしいことです。合掌

移動中に拝聴させていただきます

私は毎年、大晦日に所属道場での初護摩に参加させていただくことが多く、京都の総本殿での除夜の鐘撞きに行くことはできませんでした。それでもいつかは参加させていただきたいと考えていたところ、このライブ中継のお知らせを聞き、とても楽しみにしていました。

ところが、急に上司から大晦日の夜の仕事の指示があり、ライブ配信を見ることはできないなと考えていました。
しかし、よく考えてみると当日は上司と一緒に車で複数の現場を巡回する仕事なので、車中でスマートフォンを開いて、一緒に除夜の鐘を聞くことができる事に気が付きました。これは仏さまのお手配!だと感じ、当日は移動中の車のなかでライブ配信を拝聴すると決めました。
凖胝尊のお力を広くをお伝えできるチャンスをいただき、感謝でいっぱいです! 合掌

パビリオン内展示

この記事は2017年の阿含の星まつり関連及び、当日あるいはそれ以前のものです。

アゴンパビリオンでは、阿含宗開祖・桐山靖雄大僧正の著作や関連書籍の展示・販売、阿含宗僧侶の講話等を聞くことができます。
また、よく当たると評判の「密教占星術」によって、あなたの仕事・恋愛・家庭・健康運など、あらゆることを占う開運星占いコーナーを開設しております。

そして、本年はパビリオン企画として、パネル展「世界の祈り・阿含宗開祖 桐山靖雄大僧正の軌跡」を行います。
同時に、新刊護著書「実践 輪廻転生瞑想法Ⅲ DVD本」の販売も行います。

また、DVD視聴体験として、阿含宗僧侶の講話、「完全仏教の星まつりとブータン仏教について」、「輪廻転生瞑想法DVDⅢ」をご覧いただくことができます。

アゴンパビリオン

総本殿釈迦山大菩提寺・総本殿六十星宿特別拝観

この記事は2017年の阿含の星まつり関連及び、当日あるいはそれ以前のものです。

総本殿内には、スリランカより拝受した『真正仏舎利尊』がお祀りされております。密教では『如意宝珠』と讃えられ、祈れば意の如く願いがかなうとされます。総本殿にはさらに、甲子歳生まれから癸亥歳生まれまでの六十干支(星宿)を司る中国・道教の秘仏、『六十星宿守護神将』が祀られています。あなたの生まれ歳の神将に、除災招福と吉運招来をお祈りください。(特別拝観料:300円)

また、本年の特別写真展として『阿含宗開祖 桐山靖雄大僧正 阿含宗葬・阿含宗仏徳讃歎音楽祭』を展示しております。

月刊「正論」特別企画掲載

 
この記事は2017年の阿含の星まつり関連及び、当日あるいはそれ以前のものです。

月刊「正論」3月号に、特別企画として『阿含宗開祖 桐山靖雄師 はなぜ慰霊の旅を続けたか』が掲載されました。
これは、1月16日に産経新聞に掲載された特集記事「未来の日本人のあるべき志」をより深く、開祖・桐山靖雄大僧正猊下の活動の意義を紹介している内容となっております。
ガダルカナル大柴燈護摩供
サイパン大柴燈護摩供
月刊「正論」3月号ご購読をお奨めいたします。
「正論」最新刊

2月1日全国書店にて発売(定価722円+税) (外部リンク)


『実践 輪廻転生瞑想法Ⅲ』発売

 
この記事は2017年の阿含の星まつり関連及び、当日あるいはそれ以前のものです。
新刊『実践 輪廻転生瞑想法Ⅲ』が全国の書店で発売されました。
星まつりアゴンパビリオンの会場ではDVDの視聴体験や販売も行っております。
実践輪廻転生瞑想法Ⅲ内容
愛染明王秘密曼荼羅瞑想法
第Ⅲ巻では、さらに高度な瞑想法が解き明かされております。
心の使い方の訓練「高度の集中と瞑想の訓練法」
瞑想の基本第二弾「花の瞑想法Ⅱ」 他
[日本語・英語]二カ国語版 DVD本編99分

平河出版社

産経新聞特集記事

この記事は2017年の阿含の星まつり関連及び、当日あるいはそれ以前のものです。

1月16日(月)発売 産経新聞朝刊にて「未来の日本人のあるべき志」と題して、開祖・桐山靖雄大僧正猊下の特集記事が掲載されました。

記事では、「月刊正論」元編集長・上島嘉郎氏が、宗教史上異例の事績を成し遂げて来られた開祖・桐山靖雄大僧正猊下の活動の意義を紹介しております。

ぜひご購読ください