TIME LINE~星まつりの1日~

「阿含の星まつり」の準備からお焚きあげまで1日の流れをタイムラインでご紹介します
※写真内に記載されている時間と星まつり当日の儀式の時間は異なることがあります

早朝の結界

日の出前の結界
京都・山科区北花山修法地。日の出前の結界

本山総本殿、始動

本山総本殿
早朝の総本殿では炊きあがったばかりの御仏飯が供物として祭壇に運ばれます

トンドル御開帳

大祭壇
大曼荼羅(トンドル)を覆う幕が開き、神界・仏界の諸尊をお祀りする大祭壇がお目見え。

朝日の直刺す結界

朝日を浴びる護摩壇
結界に鎮まる巨大な二つの護摩壇(幅11m、高さ7m。左:神界壇 右:仏界壇)

結集する山伏修行者

山伏結集
総勢600名の山伏が結界に集い1日の修行の無魔行満を祈る

護摩木のお預かり

護摩木預かり
参拝者が持参される護摩木のお預かりがはじまる

結界桟敷

桟敷席
桟敷(参拝席)はすでに多くの参拝者で埋め尽くされております

山伏行列

山伏行列
頭にきんをつけ、手にはしゃくじょうと呼ばれる杖を持ち、袈裟にすずかけという麻の法衣を身に纏った山伏装束の阿含の聖衆が法螺貝の音を合図に、護摩壇へ向かいます。

入壇

入壇
黛敏郎氏作曲「星まつり序曲」と共に、星まつり修法地に到着。気合を込めた九字とともに清浄なる結界内に入壇いたします。

御神事

御神事
阿含の星まつりは「神仏両界秘法」にもとづき、神様をお迎えしご加護を祈る儀式からはじまります。神職の方による厳かな神事が催行されます。

山伏問答

山伏問答
古式に則り阿含宗修験道の真髄を問答の形式で山伏たちが掛け合います。護摩を焚く由縁と法要の意義が語られます。

斧作法

斧作法
斧作法は、法要を行う場所を作り、清める作法です。斧を振るって山林を切り開き、山中に法要の場所を開く様子を表します。

法弓作法

法弓作法
法弓作法は、法要を行う土地を整えていくさまを表す伝統的所作です。弓をつがえ、矢を放つ所作をもって、宇宙に存在する魔障をすべて退散させ、清めるために行われます。

宝剣作法

宝剣作法
宝剣作法は、聖なる力を宿した剣をもって人々の心にあるよこしまな心や悩みを断ち切って心身を清浄にし、同時に法要を行うための聖域である結界を清める作法です。

願文

願文
すべてが清まった結界のなかで、導師が法要の趣旨を神仏に告げ、参拝者並びに添え護摩木祈願の祈願の成就を願うものです。

松明(たいまつ)

松明
開祖桐山大僧正が修された密教最極最奥の秘法「念力の護摩」の聖火に、完全仏教の霊力、神々の神力が加わった『人類救済の御聖火』がたいまつ に移されます。

10:45 点火

点火
護摩壇内には数万本の護摩木が納められ、檜葉に覆われ護摩壇にご聖火がうつされ点火いたします。当日だけで約十万本の祈りが神仏に捧げられます。

勤行

勤行
阿含宗修験太鼓の方々による祈願太鼓、勤行衆により本山法楽集が神仏に捧げられます。

結界内参拝〈資格者〉

結界内参拝
導師の合図と山伏衆のご案内により、星まつり結界内にて来賓をはじめ結界内参拝資格者のご参拝が行われます