2/5 今日の護摩壇

この記事は2017年の阿含の星まつり関連及び、当日あるいはそれ以前のものです。

0205護摩壇

2月5日、星まつり前の日曜日。時折、雪まじりの寒い一日となりましたが、結界では各所の準備修行に多くの方が参加されました。護摩壇には雨水が侵入しないようビニールシートが被せられております。

全国から寄せられる護摩木は、30本ずつに結束され、梱包された状態で星まつり会場に毎日届けられます。多くの護摩木は護摩壇の中に収められますが、残りの護摩木は、星まつり当日、山伏修行者によって護摩壇に投入されます。

護摩木の積み上げは結界の両脇で行いますが、ご供養に関する護摩木は右の仏界壇側、ご祈願に関する護摩木は左側の神界壇側と、それぞれ種類を分けて行っております。
本日は主に神界壇:金剛界側の護摩木の積み上げが行われました

大量の護摩木の束を、最終的には人の背丈ほどに積み上げるので、単純に積み上げただけでは崩れてしまいます。下段は丹念に隙間なく水平に並べることが大切ですが、一束の護摩木も厚みが違うので工夫が必要です。

積み上げる際は、段ごとに護摩木の束を交差させて配置し、重さを分散させます。ある高さになった段階で、垂直器を使用しながら慎重に積み上げ、ところどころ段差の調整を行ってバランスを維持します。一見すると水平に見える修法地も、実は傾斜しているのでこれらの調整作業が必須となります

星まつり準備修行は、すべてにおいて先達が練り上げた伝統の技術をもとに、ひたむきな努力の蓄積によって成り立っております。